展示会二日目

おかげさまで大盛況!!かなり、創りこんだ服が多かったので正直心配だったのですが、評判がよくてうれしい。モデルの優恵姫。新作でぱちり。優恵とはもうずいぶんと長い付き合い。いつでもなんでも可愛い。本当にうちの洋服が似合うので、ついにまにましちゃいます。

09/04/24 02:32:11| diary

もう一枚

かくれテーマは80S。
わかりずらいかもね。

09/04/23 12:02:30| diary

展示会ー

今日から秋冬のお披露目です。テーマはセンチメンタルジャーニー(伊代じゃないよ)失恋して、落ち込んで、旅に出る。そんな時、気分をあげてくれるドレスやコート。ファッションにはそんな力が絶対ある。素敵なコレクションになりました。自信作です。楽しみにしてくださいね。

09/04/23 11:55:09| diary

レッドクリフpart 2

すごかった。part1も面白かったのですが、なんといってもpart2です。三国志に描かれる想像しても想像出来ない闘いのスケールのでかさ。あんまり、アクション映画は好みではないんだけど、ジョン・ウーはやっぱり凄い。アクションシーンでここまで感動したのは初めての体験です。もちろんCGもすごいけど、実際の撮影(メーキングみたら、かなりの部分が実写)の大変さを思うとこんなスケールの大きな映画を撮る、そして、創っていくというパワーってすごい。もし、自分が頼まれたら(頼まれないけど)きっと途方にくれちゃうなー。でもいつか、衣装とかで参加してみたい。アジア映画のスケールがハリウッドにまけず、ハリウッドを超えていくことがとても楽しみだ。今回はキャスティングも好み。なりより金城武の孔明、フー・ジュン演じる超雲、トニーレオンも、チャン・チェンも中村獅童も。アジアの美しい男達は大豊作。チョウ・ユンファも観たかったけどね。それにしても、三国志、学ぶべき事多し。あんな時代に生まれていたら
、自分はなにをしてたのかなぁー?知恵をもち、志をもち、愛に溢れ、強くて、優しい。そんな風だといいなぁー。たくさんの彼らの言葉が心にささった。歴史から人は学び、でも結局の所人の根本はかわらない。絶世の美女が世界を変えるわけさ。もう一回見にいこうっと。

09/04/23 11:35:48| diary

ひさびさに休日。

展示会の準備やらなんやで、バタバタで、気がついたらきちんとフルで一日中休みなのが、すごーく久しぶりの日曜日。おそめの朝に起きて、わんこ達の散歩。全員性格が違う為、一匹ずつのお散歩スペシャルバージョン。そのあと、上原でランチ。そして代々木公園で開かれてるアースディなるイベントに友人の湯川潮音がライブ出演するのででかける。さわやかな天気とうつくしい澄んだ潮音の声がすごいご機嫌な感じ。それにしても潮音かわいい。オススメです。それにしてもすっごい人!人!人!うまそうな屋台がたくさんでていたので、カレーとかに夢中だったんだけど猛烈な行列に断念。環境や、地球や、様々な事に関心がある人がたくさんいるんだなぁーと実感&反省。だけど、どうして、みーーんなヒッピーねような、おんなじ格好してるんだろう???オーガニックな素材とかナチュラルとか意味はわかるんだけど、もっと色々あってよくねー?なんか、薄っぺらさを一部の人達に感じてしまったのは、自分のうがった見方なんだと疑問&反省。それから、ちょっと茶しばいて、
ホノカワボーイを見に行く。ハワイいきたいよーーーーー。あの甘やかな空気と波と風を聴きに。映画はほんのり、ほんわか、優しくてせつない。なにより、主演の岡田将生君、それから、長谷川潤さん。好みです。(ミカジョンのまね。)若くて、生き生きしてて、キラキラしててうつくしい。その場にいるだけで、空気がいろずく。素敵です。最近すっかり、親父目線なの。あぶない、あぶない〜(福田和子風に)そして、すごいなーと思ったのは、我らがキョンキョン(同い年だもんねー確か。)エンディングテーマを歌っているんだけど、その声が音を奏で言葉を発すると映画の余韻とともに心地良い風に吹かれてるような不思議な気持ちに。映画のエンディングロール中に席を立つ人いるけど、自分あれ大嫌い。だけど、だれも席をたたず、小泉今日子の歌に聴き入っていたのでした。やっぱ、キョンキョ
ン最高!日本の宝だね。急に映画ずいて、レッドクリフpart2へはしごする。こりゃまたすごい。part1での微妙なストレスがすっかり解消!ジョン・ウー最高!(これについては別に書くね)見終わって、ご飯食べて帰宅。パリスとニッキーのシンプルライフを見て大笑い。早めに(2時だけど)就寝&爆睡。久々の休日。エンジョイ!!

09/04/23 10:46:22| diary

夜遊びー

ひさびさに野宮先輩に誘っていただいて、まったくいかなくなってて、やばいやばいとおもってたパーティーナイトに繰り出す。森本容子さんのてがける東京ワンダーランド。青山のALUXにて。いざいくと、人・人・人の大混雑。着いたころには、野宮さん&のぼこのキャッチーなDJは終わっててとほほー。久々にあったスタイリストのきょんちー作の80Sばりばりのコスチュームに身を包んだ野宮姫とのぼこ。すっかり、楽屋に落ち着いて、これまた久々のヴィヴィアンやらなんやらと、すっかり、話しこみ、田中君のDJで盛り上がる会場とはうらはらにただの居酒屋状態。可愛子ちゃんもたくさんいたはずなのにぃー!!!
次回は頑張ります。森本容子さんは、初めてあったのですが、バリバリのコスプレで決めてて可愛かったです。ちょっと夜遊び復活気分。

09/04/20 11:20:56| diary

戦う気持ち。

ガスヴァン・サントの新作、あのハーヴィミルクを描いたミルクを見る。ずぅっーと楽しみにしていた作品だ。虐げられる事。蔑まれる事。偏見や理不尽なこと。生きる事。権利。戦う気持ち。それでも繰り返されるやるせない理不尽。見終わった後、流れきれなかった涙と飲み込んだ嗚咽が、いまもぼんやりと胸のどっかをしめつける。世界はなにかかわったのかな?誇りがもてるなにかを僕はまだみつけられてない気がする。なんかわかんないし、政治にすごい興味があるわけじゃないけど、なにかと戦わないとなとすんごい思った。素敵な映画です。ショーンペン最高!!
もう一回見に行こう!!

09/04/20 08:36:50| diary

昭和レトロ。

展示会の準備でバタバタとしてるまに、あっという間に桜も終わりお花見もできないまま〜。春を通りこして初夏の陽気。なんかのんびりしたいなあーと心底思う今日この頃。たまたま、お世話になっているエースさん(トラベルバックのコラボやりまあす。また、お知らせしますがこれがイケてる上がりでとても楽しみ。)の会社が浅草の駒形どぜうの並びにあるので、打ち合わせとはいえちょっぴり、小旅行気分。下町はやっぱり空気が違う。こんど引っ越すとしたら、浅草もいいなぁー。打ち合わせの帰り道舟和でアトリエに芋羊羹の土産を買い、駅前のなんともレトロなあいすくりーむとフクフク饅頭のお店で、小倉アイスを食す。ああーひと時の幸せ。やっぱ昭和はええわーー。

09/04/14 02:53:56| diary

三年B組〜〜

金八先生になったわけではありません。入学式です。うちの息子のでも、娘のでもありません(いないしー)実は、國學院高校の制服をリニューアルするにあたって、僕がデザインさせていただきました。その新一年生の入学式に来賓として呼んでいただきました。なんか、緊張したなぁー。どう考えても、親の世代なのに、数十年も昔の自分と重ね合わせて新入生の気持ちに共感する自分。もはや、妄想もやばい状態。久しぶりに体育館の匂いや、桜の散る校庭や、あと国歌とかも歌って、高校生気分を懐かしくもリアルに感じたのでした。國學院は、外苑にある、伝統のある高校で創立以来ずうっと変わってなかった制服を今回僕に創らせてもらいました。着る物は気持ちや、モチベーションを左右するもの。ましてや、毎日着るものだから、好きになってもらいたいなぁーと思ってデザインしました。皆似合ってたし、なんだかもう、息子娘気分。向こうは迷惑だろうけど。彼らの青春(あげー)の記憶や想い出に僕の創った制服が関われることとても幸せに思います。
共学だし、青山あたり、この制服でデートとかしてるとこ見つけたら、思わず声かけちゃうかもしれないけど、決して怪しいおっさんじゃないので、優しく対応してね。

09/04/07 11:58:35| diary

ひろみちゃんハッピバ!!

音楽家でピアニストの上原ひろみちゃんのバースディパーティーにて。夫のデザイナーやっちんこと、三原康裕君と大好きな清水ミチコさんとのフォーショット。ボケボケだけど、満面の笑顔なり。この日もひろみちゃんの奏でる音と笑顔にすっかりパワーをもらう。やっちんは、まだ、彼が学生の時からのしりあいでデビューしたばかりの僕のアトリエで、卒業制作をつくったりしてから、物を創る者として長いことリスペクトしあえる仲間です。あのやっちんが、すっかり、こんな才能溢れるひろみちゃんと一緒になって、ニコニコしてるのんみると、こっちまでハッピーに。ミチコさん、いえミチコさまは実はライブにもいくぐらいの大、大、大ファン!時々うちのブランドにお買い物にいらしていただいてくださってます。いつもお洒落でかつ、楽しいです。そんな楽しい夜をありがと。そしておめでとー。

09/04/02 05:33:58| diary