15年ぶりに再会。

寒い。毎日寒い。我が家は古い小さな一軒家のせいか、色んな所、(特にベッドルーム)が時々、外〜かと思うくらいに寒い。なので、ついつい暖かかったハワイへ想いを馳せてしまう。大好きなハワイは子供の頃から数えると本当にたくさん出掛けている。家族とだったり、恋人とだったり、友人と大人数だったり、そのたびに色んな風景がみれる。今回、久々に出掛けたワイキキのアンティークショップで、実に15年前から、欲しかったアンティークのライトスタンドを買いました。五十年代のこの男女ペアのスタンドは、15年前に同じ店で一目惚れしたのですが、当時の自分には、まだ、思い切ることが出来ない値段に、泣く泣くあきらめた想い出があります。その後、なんどか、ハワイへくるたびにその店を訪れては、薄暗いガラスケースにちょこんとおかれている彼等をみては、いつかは、連れて帰るぞおと想っていました。買い物もまた、縁だなぁーと思うのですが、今回また、その店に出掛けた所、いつもの場所にありません。とうとう売れてしまったんだあーと、残
念な気持ちとなかばほっとした諦めの気持ちで、ほかの物を探したりしていた時に、どこかから、視線を感じて振り向くと、ありました。まったく違う棚の上の上の方に。オーナーがいなかったのでお店の女の人に話をしてみると、オーナーのお気に入りなので、あまり、売りたくないから、高値をつけてるとのこと。15年前から、狙っていた話をしたら、彼女がウィンクして、オーナーに電話してくれました。そして、随分と値引きしてくれて、予算内のプライスに。ありがとう。丁寧に日本へ持ち帰り早速リビングへ。こんな風に次の世代へ受け継がれていくそんな洋服をあらためて創りたいなぁーと思いました。シェードにダメージがあるので早く直してアカリ点すのが楽しみでやんす。

10/01/11 05:25:46| diary