悼む心

また夏が逝く。今日は朝からじりじりと暑い。容赦なく暑い。だけど、僕らは、戦争を知らない僕らは、本当の暑さや、渇きやどうしようもない哀しみや理不尽な怒りや、心の底からの恐怖も飢えも、まだしらないのだろう。きっと想像を遥かにこえた60数年前の夏。人はどんな時でも想い、夢を持ち、人を愛し、自らを悔やみ、明日を願い、今日を生きる。二度と繰り返してはならない歴史。だからこそ忘れてはいけない事。伝えていかなきゃいけない責任。平和に生きる権利。戦争がない明日を。明日も晴れますように。

09/08/15 06:02:58| diary