eriの結婚。

eriのウェディングパーティー。eriと最初に出会ったのは、もう随分と前。友人の結婚式でした。まだ、高校生だった彼女は、僕の目には大人びた小学生(笑)にもみえて、なんだか、猫みたいな、やわらかくて、ちっちゃい、そんな可愛い女の子がいるなぁーという印象。割りにアバンギャルドな服を着ていたらしいにもかかわらず、僕の目には白い丸衿の紺色のワンピースをきた小さな女の子というイメージ(どんな思い込みだっつーの)それから、程なくして友人のコレクションの打ち上げかなんかで、なんだかみょーにお互いなついてしまい、それ以来の仲良しです。すごーく年も離れているけど、それをお互い感じないし、年下だけど、年上みたいだったり、恋やら愛やら相談するガールフレンドだったり、くだらない(下品ともいう)話や悪戯を共有できるボーイフレンドだったり、時には孤独を想ったり、光も影も感じられたり、意地悪もやけくそも、SWEETな気持ちも人見知りも、そして、なにより人生をenjoyしようとする姿勢も、なんだか
eriと一緒にいると自分の中の芯みたいな物が聞こえてくる気がするのです。勝手にソウルメイト、勝手に近親憎悪、違った親近感(笑)をもってるのだ。ふふっ。eriと一緒に旅した、PARISもポートべローのマーケットや、ユーロスターや、あのFUCKだったエアフラや、上海の街角。すべてがキラキラして思えます(自分までもが〜錯覚??)結婚おめでとう。お嫁になってもずうっと友達ってゆうか、こんな感じでよろしく。とにかく近々、旅にでようぜ! LOVE それにしてもいいねぇー!若いもんの結婚(親戚の親父風味)

09/03/17 03:32:48| diary