年の瀬に想ふ事。

今年も一年が終わろうとしています。過ぎてみれば、この一年は本当にたくさんの事がありました。スーパーポジティブなマルヤマですら折れそうになるほど厳しい年でもありました。世の中にもいやな事件が多くて今も不安を煽り立てるような不景気風が吹いています。ファッションの世界からも甘い夢や、ドラマやファンタジーやクリエーションが逆風の中吹き飛ばされそうです。十年続けてきたパリコレも休止しました。パリの愛らしい店をはじめいくつかの店を閉め、ビジネスも小さくして、REスタートの気分です。でもね、こんな時代だからこそ案外、様々な事をみつめなおすチャンスなのかなあーと思ったりもします。物を創りつづける事。美しい物を創りつづける事。それはとてもとても大変だけれど、でも、とてもとても大切で魅力的な事。美しい国の優しい人々に。来年はもっともっと自分らしい物を心を込めて創っていきます。楽しみにしていただけたらとてもうれしいです。プライベートでも今年は哀しい事がありました。二十年来の親友を送る事になろうとは、まだ気持
ちに整理はつきませんが、死というものに真剣に向き合ったりしました。皆さんはどんな一年でしたか?もちろん、楽しい事もうれしい事もたくさんたくさんありました。やっぱり今年1番かんじたのは、人と心です。あとね、信念みたいなもの。来年も大切にしたいです。よいお年をお迎えください。日本人でよかったーと素直に思える、この言葉がじんわりやさしい大晦日に。今年も一年ありがとうございました。

08/12/31 04:01:14| diary