小夜子さん

小夜子さんが、いなくなってから、あっというまに一年がたちました。早いものです。小夜子さんを大切に大切に想う人達がたくさん集まって、偲ぶ会が資生堂にてありました。僕にとっての小夜子さん。ただただ、大好きでミューズでアイドルでした。まだ、中学生だったころ、それこそ今回会場で繰り返し流されていた資生堂のCMですっかり、小夜子に魅了されてしまい、それからずぅーっと理想の女性像です。たくさんのスクラップが僕の宝物です。高校の文化祭にすごく大きな小夜子の絵を出展して賞をもらったこと、小夜子を通してKENZOさんやISSEY さん、カンサイさん、を知りモンタナやGAULTIERやミュグレーを知り、パリに憧れ、ファッションをしりました。今、僕がこの仕事をしているのも、彼女がいたからです。デザイナーになって、初めて小夜子さんに会って、お互い人見知りでもじもじしてしまったこと、僕のコレクションに出てくれたときのあのうつくしさ、愛らしさ。たくさん想い出ができました。小夜子さんと随分仲良くなってからも、ずうっ
と緊張してドキドキしてました。ありがとう。また、いつか、一緒になにか創りたいな。小夜子さんが僕に、僕らに遺してくれた、メッセージをしかとうけとめて、これからも美しいものを表現していきます。それにしても、会場にあった小夜子マネキン、本人みたいでした。

08/09/24 04:34:53| diary